トップ > 用語集 > FX用語:売りから入る

FX用語:売りから入る


リーマンショックによって各国の為替が大きく値を下げた2008年下半期ですが、この状況は、必ずしもすべての投資家にとってマイナス、というわけではありません。
むしろ、この状況を利用して大きな利益を得た人もいるはずです。
何故なら、FX・外国為替証拠金取引には値が下がれば下がるほど得をする方法があるからです。
それは、「売りから入る」という方法です。

売りから入るという意味がわからない人も多いかと思います。
ただ、FX用語にも「売りから入る」という表現があります。
それくらいFX・外国為替証拠取引においてはメジャーな注文方法です。
では、このFX用語について解説していきましょう。

売りから入るというのは、通常考えられている注文とは逆の注文です。
普通は、為替市場において、割安な為替を円などで購入し、その為替が値上がりしたら売る、という注文方法がメジャーですね。
一方、FXでは、先に「持っていない通貨」を売る事ができます。
用は証券会社から借りるのですね。
その為、現在の価格が割高という為替をまず借り、それを売り、安くなったら買い戻して証券会社に返す、という方法が「売りから入る」と呼ばれる注文なのです。

「売りポジションを先に確保する」という表現も使います。
この「売りポジション」というのもFX用語ですね。
これならば、不況下においても利益を出せるのではないでしょうか。
今後下がるだろうという予測を立て、その通貨を売り、そして高確率で下がるのを待つ。
これで、利益を得られるのですから。






この記事のカテゴリーは「用語集」です。
関連記事

FX用語:リーマンショック

FX用語というのは、FX・外国為替証拠金取引に関する様々な専門用語のことですが...

FX用語:アメリカドル円

世界経済の中心アメリカドルと、わが国日本の円。 この組み合わせが、日本国内にお...

FX用語:アナリスト

現在、アメリカを始め、世界の証券市場は大きな不況の波に飲まれています。 無論、...

FX用語:ニュージーランドドル円

FX用語として、ニュージーランドドル円も是非その内容を把握すべき組み合わせです...

FX用語:オーストラリアドル円

ニュージーランドドル円同様、このオーストラリアドル円の組み合わせも、非常にメジ...